経済的自立

Green Space 温川プロジェクトのTOPへ戻る

なた豆をご存知ですか。
収穫時期にはサヤが30cmほどにも育ち、まるで草を刈る鉈のようだということから名づけられたようです。
温川に出会った時、このなた豆で作られた「なた豆茶」を振舞っていただきました。豆のやさしい香りが口の中に広がり清々しいあと口に「こんなにおいしいお茶があったのだ」と 無理をいって分けてもらったことを思い出します。
このお茶、毒を流す効果があると言われ、昔から温川では健康茶として、自家用に細々と栽培されてきたようです。

最近なた豆歯磨きや、デトックス効果を謳った「なた豆茶」が通販などで売られていることに気がついたのは、温川プロジェクトを立ち上げようとしていたころでした。
この温川の豊穣な田畑を耕し、収穫した安心安全な農作物を都市の方々に知ってもらいたい。味わってもらいたい。私たちは、いまの言葉で言えば、農業の6次産業化を目指しています。

農薬や除草剤を使わず、大地に無理を強いず、本当においしい農産物を作る。知っていただく。買っていただく。
この道筋を私たち自らの手でなんとか実現したいと考えています。
温川が一本立ち出来るように、経済的自立を図りたい。
まず温川プロジェクト第1号として「なた豆茶」の商品化に漕ぎ着けました。
農業に関してズブの素人の私たちですが、温川の豊穣な大地とミネラル豊なおいしい水、そして降り注ぐ太陽、そして地区のお百姓のアドバイスのお陰でなた豆はすくすく育ち、それはおいしいお茶に加工出来ました。
この「なた豆茶」を消費者の皆様に知ってもらい愛用してもらうためのアクションに入っています。
経済的自立を言葉だけのものにしない。その第一歩にご注目ください。